Workcase施工事例

便利な家事動線と平屋生活の家

担当建築家 Architect who designed


中村 俊哉(Toshiya Nakamura)
住宅を設計する際に重要視しているのは、可能な限り先入観を持たずにそこにある状況をどれくらい直視できるのかということです。
潜在的にある条件を見つけ出し、それに反応し、取り入れること。このようなプロセスを経て得られたアイデアが、住宅を豊かなものにします。

その他の施工事例 Others workcase

  • 自転車と共に暮らしていく家
  • 中庭から光がそそぐ家
  • 猫とくらす趣味と自然に囲まれた家
  • 便利な家事動線と平屋生活の家
  • 奥へ奥へと繋がる土間のある家
  • 夫婦の個性を活かした家