Workcase施工事例

ピットリビングがもたらすくつろぎ空間の家

「家族にとって住まいとは毎日を心地よく過ごせること。」
そんな想いから一人ひとりが好きなことを楽しみながらも同じ空間を共有できるようにプランニングされました。
吹き抜けとピットリビングによる縦の空間、縁側のような庭との繋がりなど、休日を家で過ごしたくなるような居心地のよい家です。

担当建築家 Architect who designed


柳 能展(Yoshinobu Yanagi)
住宅を考える上でクライアントの想い、生活に合った機能、形態とコストそして街や地域との立地環境の5つのポイントを最良のバランスで調和させるように考えています。そして、自然の力を利用した省エネの住環境を検討し提案します。
さらに、それらをベースに、ご家族の将来に向けての住まい方を提案することが住宅設計だと考えています。

その他の施工事例 Others workcase

  • 夫婦の個性を活かした家
  • 中庭から光がそそぐ家
  • かしこい家
  • 2階にリビングと中庭のあるプライバシーハウス
  • ピットリビングがもたらすくつろぎ空間の家
  • 木楽 -縁側のある家-